キャナスタとは


キャナスタは、ヨーロッパで主流の4人用カードゲームのことです。
カードを2セット利用し、向かい合わせ同士の2名が味方となって2組で競い合うゲームです。
キャナスタの発祥はヨーロッパだという話が多く、歴史も古く、ヨーロッパの中でも伝達されて行く過程でルールが都合の良いように枝分かれし、細かいところで多少の違いや地域性の違いが出ていますが、おそらくルーツは私たちのやっているこのこのルールではないかと思います。ヨーロッパでお土産にカードを購入しようとすると、2セットが1パッケージになって販売していることが多いのですが、これはキャナスタがヨーロッパではカードゲームの主流だからと言われることがあります。

私がキャナスタの虜になったのは、サウジアラビア王国に赴任している1983年の時でした。当時私も勤務していた石油企業に勤務する同僚が、彼の友人でありプロスキーヤーのトニーザイラー氏の別荘を訪ねた時に、外は猛吹雪のオーストリアの山小屋で体験したのがキャナスタでした。彼はこのキャナスタの楽しみを満喫し、サウジへ戻った1980年に、ルールをまとめて在住邦人に広めました。この中に私も日本人として参加していました。

1983年から2009年現在まで、基本ルールはサウジアラビア王国時代から1つも変えていません。大人でも子どもでもみんなで楽しめるゲームです。キャナスタのゲームを通したコミュニケーションが、皆さんの生活を楽しいものにする一助となれば幸いです。

2009年3月29日 日本キャナスタ協会 清水英典

キャナスタのルール


キャナスタの流れや概要は、こちらから確認できます。

キャナスタ得点表


得点表はこちらからダウンロードして頂けます。